IoTでいろいろたのしいことをやっていくブログ

マトリョーシカ的IoTブログ

M5Stack

IoTのやりかた/ はじめかた -M5Stackを使えばとっても簡単!-

投稿日:

1.問題:「IoTやりたい!でもなにからやればいいの?」

 IoTという言葉をよく聞くようになった。これはInternet of Thingsの略称で、物理的なものにセンサーをつけて、そのデータから様々な評価や操作をするらしい。例えば畑に温湿度計を搭載し、土壌の様子をリアルタイムで送信したり、ペットにGPSセンサをつけて彼らの所在地を確認できるらしい。やれることは無数にあって、可能性は無限大だ。

「IoTって面白そう!やってみたい!」と思った人も多いはず。しかし、何から始めればいいのか。ネットで調べてみるとそういった類の情報は少ない。これはもったいない!

この記事を読めば、あなたは以下の二つができるようになる。
* ○ IoT開発の始め方がわかるようになる
* ○ 簡単なIoT機器がつくれるようになる

 

2.解決策:M5Stackを使おう!

 結論として、IoTの開発にはM5Stackを使うのが良い。
   

 

3.根拠:M5Stackにはなんでもついている!

 M5Stackは小型のマイコンで、ディスプレイやボタン、Wi-Fiモジュールなどがついている。
こんなかんじ。

はじめからなんでもついているので、あとで何か部品を買わなくてもIoTを楽しむことができる。もちろん、自分の好きなパーツを足して開発していくことも可能だ。

 

4.具体的な手順:実際のはじめかた

4-1.M5Stackで開発するための環境構築

 それでは実際のはじめかたを紹介する。今回はサンプルコードを表示するまでをやってみよう。

M5Stackの購入

 まずはM5Stackを買おう。Amazonで4000円くらいで売られている。

M5Stack Basic

 

Arduino IDEのインストール

https://www.arduino.cc/

上記のURLからソフトウェアをインストールしよう。寄付を求められるが、気にせずダウンロード。

SiLabs CP2104 Driverのインストール


 
Silabs CP2104

 私自身もなにをするソフトなのかわからないがこれが必要らしい。インストールしよう。

 

ESP32 Arduino Core のインストール

 つぎにESP32 Arduino Coreというのをインストールしよう。これはターミナルで次のコマンドを打つといい。

ライブラリのインストール

  

 Arduino IDEを起動し、 >
スケッチ>ライブラリをインクルード>ライブラリの管理 と選択しよう。
 出てきた画面の検索バーに「m5stack」と打てばM5stackのそれが出てくる。インストールしよう。

M5stack とPCを接続

 M5StackとPCを付属のUSBメモリで接続しよう。ボードとシリアルポートの設定を行う。メニューバーの「ツール」から選ぶ。 ボード は M5Stack-Core-ESP32  シリアルポートは/dev/cu.SLAB_USBtoUARTだ。
認識がうまくできない場合はM5Stack側のUSBが裏表反対になっている可能性がある。反転して差し込み直してもう一度トライしてみよう。

4-2.サンプルコードの実行

 やっとサンプルコードを実行できるようになった。ファイル > スケッチ例 > M5stack > Basics > Hello World 
と選択してみよう。
コードはこんな感じ。
 

小さいけど表示された。

5.IoTがワクワクを持ってきてくれる!

 まだ文字が表示できただけだが、M5Stackの可能性はこんなものではない!ディスプレイにいろんな写真をのせることできるし、Wi-Fiをつかって通信ができる。

 モーターだって動かせるし音楽も鳴らせる。がんばればロボットだって作れそうだ。私も記事を書いて非常にワクワクしてきた。これからもIoT関連の情報をたくさん発信する予定だ。

 がんばるぞ!

-M5Stack

Copyright© マトリョーシカ的IoTブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.